せいろぐ

実験場。

宅浪×バイト→不合格の方程式が成り立つ話

【スポンサーリンク】

自宅浪人をしながら、バイトを半年だけやっていた時期がありました。

実際に自宅浪人をしながらバイトってどうなの?受かるんじゃないの?みたいな悩みを抱える浪人生って結構いると思います。

 

結論として、自分は浪人期のアルバイトを絶対にオススメしません。

なぜか?経験論になりますが、自分は宅浪アルバイトをして第一志望に落ちているからです。

 

 

seilog.hatenadiary.com

 詳しくは(そんなに詳しく載ってないけど)これを見て見てください。

 

 

浪人の目的を再度考えるべき

基本的に浪人をする人は「第一志望」に落ちたから浪人をしているわけで、そんな人にアルバイトをする余裕はないわけです。今の自分から昔の自分にかける言葉があるとするなら、「お前受験舐めすぎじゃね?」です。

自分がバイトをしていた理由も受験にかかる費用を自分で賄うためでしたが、本当にどうしても親が出してくれないとか以外は出してもらうべきです。受験生にとって最も大事なのは「勉強をする時間」。何者にも変えがたいですし、数十万程度なら借りて、大学入ってから返すほうが話が早いです。

 

アルバイトは息抜きになるか

一日何十時間も勉強するわけじゃないんだし、息抜きがわりにアルバイトしてるんです!みたいに言う人いるかもしれません。もちろんそれが息抜きになるならいいのですが…って受験生、お前らに息抜きは必要ない。死に物狂いでやらないと、基本的に凡人は受からない。特に浪人している人たち、確実に現役時代にサボったツケが回ってきているわけだから息抜きなんかしてる場合じゃないだろう。と言う話。

自分はバイトも息抜きみたいに心休められる場所にもならず、あ〜バイトか〜みたいなノリでバイトをしていたのでそうなる場合は特にやらない方がいいです。

 

全員落ちてる

数人アルバイトをしながら大学受験した人たちを知っています。自分の塾の教え子(かなり優秀だった)も含め、全員早慶レベルは落ちています。受かってもマーチレベルまでです。まあ母数が少ないのでもちろんだから全員落ちるとは毛頭言いません。ただ言えるのは、片手間で大学受験は出来るものではない。という話です。

 

まとめ

基本的に浪人生、秋以降確実に精神的に追い込まれます。模試でどんなにいい点が取れていても本番取れると保証されたわけではありません。春のうちからいかに本気でやり続けるか、それが勝負の分かれ目です。なので、元宅浪アルバイターから言わせてもらうと絶対にアルバイトはやるな!です。

早稲田合格体験記書いたよ!こちらも合わせて是非!

早稲田大学合格体験記①-偏差値40から早稲田に合格する方法 - せいろぐ

早稲田大学合格体験記②-なぜ偏差値40から早稲田大学なのか? - せいろぐ

早稲田大学合格体験記③-こんな現役生は落ちるぞ。の巻 - せいろぐ

早稲田大学合格体験記④-一浪目の過ごし方について - せいろぐ

早稲田合格体験記⑤-2浪を決意した理由 - せいろぐ

早稲田大学合格体験記⑥2浪宅浪多浪の勉強。 - せいろぐ

早稲田大学合格体験記⑦2浪目の結果について - せいろぐ