読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいろぐ

実験場。

大学生のうちに目を通しておかないと後悔する記事まとめ

【スポンサーリンク】

f:id:Seilog:20160110223225j:plain

こんにちは。せいです。

 

今回は、読んでおいて絶対に損はない記事をまとめました。

 

大学生だけでなく、中高生、それから社会人の方々にとっても有益となる記事ばかりです!

 

さっそくいってみよう!

 1.読んでほしい度★★★★★

toyokeizai.net

堀さんとの出会いは早稲田の授業で講義しに来てくださった時のこと。

その時仰っていたことそれは…

 

とにかく学生は本を読め

 

その講義の時と同じ、読書が教養につながるぞという話が東洋経済に載っていたので皆さんにもぜひ読んでもらいたく引用しました!

 

2. 読んでほしい度★★★★★

president.jp

 

言語化は最高の思考訓練

大事なことは、自分で情報収集・処理して、それを文章にする、言語化するということだ。それは必要な情報を引っ張ってきて、自分の思考をアウトプットする訓練になるからだ。そのために生活リズムも整え、集中できるリズムを生み出していく。

自分がブログを続ける理由もこれです。とにかくインプットとアウトプットの繰り返し。

 

3.読んでほしい度★★★★☆

toyokeizai.net

 

・インプットの幅をあまり広げすぎないこと
・インプットしたものをまずは愚直に使ってトレーニングすること
・繰り返しインプットすること

 大学受験と同じだなーっていつもこういう記事読むと思います。しかしながら、大学生になるとそれを忘れて適当に行動しているのも事実。再度見直さねば。

 

 

「自分ノート」に”気づき”を書き込み繰り返し読み返す

 

これも実践始めました!↓↓

 

seilog.hatenadiary.com

 

 4.読んでほしい度★★★★☆

toyokeizai.net

不安でも強気でいられる人に必要になる希望力を高めるにはどうしたらいいでしょうか。ひとつ目は、「ウェイパワー(Way Power)」を高め続けることです。ウェイパワーとは、ゴールに到達するための道筋(=Way)を考える思考の力です。

このウェイパワーをどう高めたらいいか?について、目標設定という観点から書いてある記事です!

 

5.読んでほしい度★★★☆☆

president.jp

アドラー心理学」に注目が集まっている。ユングフロイトと並ぶ心理学の巨匠の教えに「職場の困った人」への対処法を、アドラー心理学のプロがすべて解決。「診断書&処方箋」付きです。

アドラー心理学と現代われわれの日常に怒る問題を絡めている記事。これだけでもためになりますが、ぜひアドラー心理学についてよく分かる「嫌われる勇気」をお勧めしたいです!

  

 

 

 【番外】おすすめ度★★★★★

www.aokiu.com

浪人時代、だから4年くらい前にブックマークしてた記事です。

 

写真も美しく、ほんとに惹かれる記事。 

 

(歯の矯正終わったらほんとに長期的に海外行きたい…)

 

さいごに

電車で暇な時間、寝る前の隙間時間などにぜひぜひ、目を通しておいて損はない記事ばかりです。星をつけてあるのは読んでほしい優先順位なだけで、全部良い記事ですよ!!

 

何かいい記事あったら紹介してください!ではでは~。