読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいろぐ

実験場。

【保存版】1年半ビラ配りし続けた僕のビラ配りのコツまとめ

ライフハック
【スポンサーリンク】

 

f:id:Seilog:20151206000545j:plain

こんにちは。せいです。

 

自分、学習塾でバイトしているんですが高校で朝のビラ配りとかたまにするんですね。

 

ビラ配り自体にノルマはないのですが、折角行ってるなら貰ってもらいたいじゃん?!

折角行ってるなら女子高生に笑ってもらいたいじゃん?!みたいなノリでビラ配り行ってます。

 

まあそんなノリでやってるビラ配りのバイトですが、1年半もやってるので自分がやってる部数を伸ばすコツを書いてみたいと思います。

 その1.選択権は君にはない…クローズドクエスチョンを使え!!

 

オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンって聞いたことありますよね?

質問方法の代表的な分類。相手が「はい、いいえ」または「AかBか」の択一で答えられるような、回答範囲を限定した質問の仕方をクローズドクエスチョンという。これに対し、「どう思うか?」などのように、制約を設けず相手に自由に答えさせるような質問のしかたをオープンクエスチョンという。 (コトバンクより)

これをビラ配りにあてはめてみると…。

(仮に配っているものの付属品に消しゴムと赤シートがある場合)

クローズドクエスチョン:赤シートと消しゴムがあるんですけど、どちらがいいですか??

f:id:Seilog:20151206001101j:plain

 

これです。

 

これには女子高生も苦笑い。

 

ただ、質問なので向こうも「いりません」とか答えてくれてコミュニケーションが取れる(ここ重要)ようになります。

 

ノリのいい子だと笑ってほしい方を言ってくれたりしますよ!

 

これは配ってるものが複数ないとダメっていうのが欠点なのですが、こういう質問の仕方次第で相手の出方も変わってくるので他の場面でも応用できるといいですよね!

 

その2.グループはねらい目。グループで歩いてる人たちには1人の子にグループ分渡せ。

ビラ配りをしているとラッシュの時間帯が間違いなく訪れます。

特に自分は高校生がターゲットなので通学生が多くなる時間が間違いなく存在するんです。

グループで歩いている子たちに一人一人に丁寧に配っていたら声をかけずに終わってしまう高校生も出てきてしまう。

 

そんな時どうするか。

 

グループを一つの単位とみて配るんです。

 

グループの人数を見て、人数分渡す枚数をとり、一人の子に渡す。その子が受け取ってくれれば全員受け取ってくれる(ほんとは欲しくない子もいるかもしれないが)という荒業。

まあ無料で付属品もらえるわけだし許してくださいって感じでグループの人にはこうやって配ってます。

 

 

その3.笑顔で!そして元気よく!

まあ基本ですよね。たぶん自分も笑えてないことあると思うのですが、気を抜かず意識すること重要だと思います◎ 貰ってもらえてたら表情は柔和になっていくはずなので、ダメな時こそ意識

 

 

その4.声をかけまくれ!

貰うやつは貰うし貰わない人は絶対貰わないです。割り切りましょう。なので、徹底的に声を掛ける数に拘りましょう。ビラ配りの種類・状況にもよりますが、ターゲット見かけたら走って声かけるくらいの勢いで!躊躇せず声かけることがメンタル力向上の肝です。

 

そして通行人の邪魔にならないこと、受け取りやすい位置に配るなど基本は 忘れずに!

 

想定QA 

Q.男の人と女の人どちらが貰ってくれやすいですか?

A.女子高生の方が貰ってくれる感あります。

 

Q.そんな配り方してて気持ち悪がられてないですか?

A.わかりません。しかし、部数を伸ばすことが僕の使命なので気にしてません。

 

Q.寒くないですか?

A.寒いです。カイロは常備してます。

 

Q.やりがいはなんですか?

A.それは女子高生と会話できry...高校生のためになっていると感じるからです!!(※トップの女子高生みたいな笑顔を見ることがやりがいです)

 

いかがでしたか?朝さえ起きられればすごく楽しいバイトだと思いますよ!是非やってみてください!質問なんかあれば、以下のTwitterから受け付けてます。ではでは~