せいろぐ

実験場。

17卒必見!!リクルート、電通内定者に聞いた、就活で成功するための方法

【スポンサーリンク】

 

f:id:Seilog:20151116004210j:plain

 こんにちは。せいです。

 

 

今日は、今年リクルートに内定した先輩から聞いた就活で成功するための方法について共有したいと思います!(※その先輩から記事化の許可は得ています)

 

1.Why思考を身に付けよ

皆さんが日常行うすべての事柄には何らかの理由が必ず存在します。行うその事象に対して、あまり何も考えず向き合うことがどうしても多くなります。それについてより深く考え、どうして自分はこれをしたんだろう?と感情の変化を正直に述べられることの重要性について教えてもらいました。

 

例えば、

バイトの面接という状況かつ、コーヒーショップでココアを注文したとします。

なぜココアを頼んだのか?

→△甘くておいしいからです

→○ココアには昔から思い出があるんです。飲んでいて美味しいだけではなく、これを飲むと緊張が和らぐんです。昔、ココアをよくお母さんに作ってもらった思い出があり、ココアを飲むといつもお母さんを思い出してホッとするんですね。だから、面接のような緊張をする状況の時には必ずココアを注文してしまうんです。

 

いかがでしょうか?思考の背後には必ず何らかの文脈や経験がありそれを日々しっかり言語化できるように訓練しておくことが重要です。それを行う真の目的は、自分自身をより深く理解してもらうためです。特にリクルートのような会社は面接でなぜ?なぜ?と深堀りされるので必ず身に付けておいた方がいい考え方だと教わりました。

 

2.グループディスカッションでは必ずファシリテーターを行う

グループディスカッションを行う際、必ずファシリテーターって必要になりますよね?そういう必ず誰かやらなければならない事は絶対に自分がやりましょう。グループディスカッションは主体的に動かないと何のアピールもできないただの無意味な時間になります。必要だと思う事は”誰よりも早く””誰かに譲るなんてことは”絶対にせず、自分が行うことを強く意識しましょう。

また、グループディスカッションでは意見がばらばらに出て収拾がつかなくなってしまうこともしばしばあります。そんな時は、”何のために自分たちはディスカッションをしているのか”と目的に立ち返る人になってください。

 

3.スタンダードは割り切って受け入れる

別に自分は外国に行くわけでもないからTOEICは受けなくていいや~ではなく、もちろんTOEICを見てくる企業は多くあるわけだから持っておいて損はないです。だからこそ、そのようなTOEICであったり、SPIの勉強であったり基本的なことは当たり前のようにこなしましょう

 

いかがだったでしょうか?もちろん自分も面接などこれからなので全くできてませんが、考えてみれば就活をするうえで当たり前のことですよね。当たり前のことをいかに当たり前にできるか、それが受験でも大変でしたが就活も同じようです。

 

みなさん一緒に行きたい企業いきましょうね!!!

 

ではでは。

 

 

 

広告を非表示にする